見出し画像

<保護者からのSOSにドクター・専門家が答えます!④>低学年、担任が代わって動きが激しい子の対応で……★有料(メンバー無料)★

低学年のうちは成長を待って、子供の自尊感情を育てることが大切。

回答:安原こどもクリニック院長 安原昭博
構成:兵庫県公立小学校教諭 和田孝子

・小学校二年生(男子)
・診断名 なし(発達障害の傾向)
・服用はなし
・家族構成 父 母 弟 妹

●子供の様子
担任は女性の若い先生。
昨年度までは怖めの先生だった。
①常に体が動いて、手いじりも激しい。
②注意すると暴言が出たり、教師をおちょくったりすることもある。
③叱っても効果がなく、余計に暴言が出てしまうし、離席もあるので、周りの子も注意がしにくい。
④参観日はクラス全体が少し騒がしい。
⑤勉強は「よくわからん」とよく言う。
⑥家では宿題の取り組みが悪くなった。
⑦親も宿題や提出物で叱る日が増えた。

●質問1●

学校で落ち着かないのは女性の若い先生になったせいではないでしょうか。

【安原ドクターの回答】

先生が全部悪いというわけではありません。周囲の状況の変化が関係しています。だから、状況の変化をまだ上手くつかめていないのだろうと考えられます。

ここから先は

1,639字
この記事のみ ¥ 500
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!