見出し画像

センサリーコーナー

新潟県立高田特別支援学校教諭・小学部中学年担任 野田晴高

Q1,どういう工夫をした写真か

 知的障害児学校。クラスにASD(自閉スペクトラム症)児童がおり、障害の特性からパニック症状が日常的にある。そんな彼らに優しい環境(音量や光量、視覚情報等の軽減)を設定した。

Q2,どんな効果があったか

「イライラしたらここに来てね。カッコいい(心地よい)ライトがあるよ」授業後や週末に疲れたり、不安定になったりしたら、教師と一緒にそこへ移動。マット上でゴロン。好きな色のLEDライトを点灯。これだけ。
 時々様子を教師が見に行き、「あと何10分くらいで戻れるかな?」等の声掛け。これで15分程度で授業復帰した児童がいた。
 また、ダウン症児童がこのライトをマイク代わりにして歌うという副産物もあった。

© 2023 TOSS,The Institute for Teaching-Skill Sharing.Printed in Japan


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!