ささエる|特別支援教育総合WEBマガジン

「ささエる」は、“先生たちとつくる” 特別支援教育の総合WEBマガジンです。 特別な支…

ささエる|特別支援教育総合WEBマガジン

「ささエる」は、“先生たちとつくる” 特別支援教育の総合WEBマガジンです。 特別な支援が必要な子供たちに、経験豊富な学校現場の先生や専門家の実践的な記事を配信します。先生方はもちろん、保護者の方もすぐに役立つ内容を目指しています。 7~10月はささエるマガジン第3号を配信!

メンバーシップに加入する

メンバーシップ会員にご登録いただくと、「ささエる」のすべての記事の閲覧に加え、メンバーシップ限定の教材DLやイベント参加、お得なキャンペーン特典もございます♪

  • ささエる会員購読

    ¥600 / 月
    初月無料

マガジン

  • ささエるマガジン 第3号

    特別支援教育に特化した「ささエるマガジン」の第3号です。 今回は日常生活を安定させるための様々な対処法を知ることができる内容です。 学校の先生方はもちろん、子育てに悩んでいる保護者の皆さまにも、ぜひお読みいただきたい内容です。 ライターはすべて、教育現場で実際に子供たちに接している先生方です。 「本当に効果があった」子供たちへの対応を学ぶことができる貴重な話が満載です!

  • 教材ひろば

    メンバーシップ限定で、ミニ賞状データや校内研修で使用できるプリントなど、お役立ちアイテムを無料ダウンロードできます! 教材はどんどん追加されていきます。 何度でもダウンロードできますので、自由にお使いください!

  • 編集長対談 小嶋が行く! 第4弾【メンバー無料、全8回】

    今回、小嶋編集長が対談するのは、一般社団法人Advance 代表理事の太田一美先生です。 就学前の子供に対する「療育」を進める太田先生は、元小学校教師であり、TOSS教材を使った療育を実践されている第一人者でもあります。 全8回のマガジンです。記事は月2回ずつアップしていきます。 (6月-10月で連載) マガジンを購入された方は、購入後にアップされたマガジン内の記事もすべてお読みいただくことができます。 1, “もっと前から関われていたら”の想いからスタートした「あどばんす」 2,療育の現場でも教材の質の高さが重要 3,「生活自立ができるか」がゴールの基準 4,着替えもお弁当も「先生は手伝いません」 5,就学を考えるために保護者が模擬授業を受ける 6,お父さんを巻き込むことの重要性 7,小学校に上がる準備のための“小集団療育” 8, 幼年教育の質を上げるパイロットモデルに

  • 小嶋編集長が認めた! 注目の特別支援教育実践

    全国の先生方が行っている特別支援教育の実践から、「ささエる」の小嶋編集長が「これは!」と注目したものをピックアップし、原稿をご依頼しています。 今、ぜひ多くの人に知っていただきたい実践を、リレー連載で公開していきます。 ※月1回更新、執筆者は次々に替わっていきます(1人3回程度の連載となります)。

  • ささエるマガジン 第2号

    特別支援教育に特化したマガジンの第2号です。 今回は新年度のスタートダッシュを応援する内容です。 学校の先生方はもちろん、子育てに悩んでいる保護者の皆さまにも、ぜひお読みいただきたい内容です。 ライターはすべて、教育現場で実際に子供たちに接している先生方です。 「本当に効果があった」子供たちへの対応を学ぶことができる貴重な話が満載です!

リンク

ウィジェット

  • 商品画像

    【多動・姿勢の改善サポート】センサリーツール ふみおくん (グレー)

  • 商品画像

    五色ソーシャルスキルかるた スタートキット<読み札+取り札> 遊びながらルールとマナーを身につける!

  • 商品画像

    発達障害・グレーゾーンの子がグーンと伸びた 声かけ・接し方大全 イライラ・不安・パニックを減らす100のスキル (こころライブラリー)

    小嶋 悠紀

最近の記事

  • 固定された記事

小嶋悠紀の特別支援教育コンパス第46回 【あらためてADHDとASDの教育現場における課題を考える②〜ADHD症状の困り感〜】

 大好評の編集長日記「小嶋悠紀の特別支援教育コンパス」は、毎月第1、3木曜日に更新されます。  特別支援教育の第一人者である小嶋編集長の貴重な知見が惜しみなく盛り込まれた、読みやすいのにDEEPな知識まで得られる連載です!  この連載はメンバーシップ限定記事ですが、第1木曜日はどなたでもお読みいただけます。  今回の記事はメンバーシップ限定となります。  ぜひ、メンバーシップにご登録ください!

¥600
    • 予定表示は、観察→トレース→進化

      「良いと言われているから」ではなく、「支援員の関わり方」を観察する。 岩手県公立小学校教諭 田村治男

      ¥600
      • 苦しみのなかでもがいた初任1年目の実践

        「共感」と「愛情」で変わった自閉情緒学級担任としての日々。 宮城県公立中学校教諭 木村南 初任1年目、私は自閉スペクトラム症の生徒の担任でした。彼は中学1年生、私は教員1年生。お互いに分からないことだらけの中、私たちは毎日のように口論をしていました。当時の私には、彼の言動がただの「わがまま」としか思えず、知識も経験もない私はただただ彼を怒っていました。そのようなことを続けた結果、ある日、私たちはお互いに感情が爆発し、大きく衝突しました。 その日を境に、私は彼とのかかわり方

        • 遊び道具の中にセンサリーグッズを

          北海道公立小学校教諭 赤塚邦彦 Q1,どういう工夫をした写真か  子供たちが休み時間や自立活動の時間などに使う遊び道具セットの中に、センサリー(感覚刺激)グッズを入れています(画像真ん中右のピンクのお手玉のようなもの)。 Q2,どんな効果があったか  遊び道具の中には勝ち負けのつくものがあります(バランスゲーム、トランプ、リバーシ、かるた、レシピなど)。その遊び道具セットの中に、ぎゅっと握ると癒やされるセンサリーグッズを入れました。負けそうになるときに、そのグッズを手

        • 固定された記事

        小嶋悠紀の特別支援教育コンパス第46回 【あらためてADHDとASDの教育現場における課題を考える②〜ADHD症状の困り感〜】

        ¥600

        マガジン

        • ささエるマガジン 第3号
          9本
        • 教材ひろば
          24本
        • 編集長対談 小嶋が行く! 第4弾【メンバー無料、全8回】
          2本
          ¥1,000
        • 小嶋編集長が認めた! 注目の特別支援教育実践
          5本
        • ささエるマガジン 第2号
          31本
        • 編集長対談 小嶋が行く! 第3弾【メンバー無料、全10回】
          10本
          ¥1,000

        メンバーシップ

        • 【予告!】「ささエる夏キャン!2024」を行います!

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • [5月26日ささエるフェス]お申込は 5月26日朝 8時30…

        • [5月26日ささエるフェス] テーマは『学習障害(LD)』

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • ささエるツアー兵庫へのご参加ありがとうございます!…

        • 【予告!】「ささエる夏キャン!2024」を行います!

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • [5月26日ささエるフェス]お申込は 5月26日朝 8時30…

        • [5月26日ささエるフェス] テーマは『学習障害(LD)』

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • ささエるツアー兵庫へのご参加ありがとうございます!…

        メンバー特典記事

          予定表示は、観察→トレース→進化

          「良いと言われているから」ではなく、「支援員の関わり方」を観察する。 岩手県公立小学校教諭 田村治男

          予定表示は、観察→トレース→進化

          小嶋悠紀の特別支援教育コンパス第46回 【あらためてADHDとASDの教育現場における課題を考える②〜ADHD症状の困り感〜】

           大好評の編集長日記「小嶋悠紀の特別支援教育コンパス」は、毎月第1、3木曜日に更新されます。  特別支援教育の第一人者である小嶋編集長の貴重な知見が惜しみなく盛り込まれた、読みやすいのにDEEPな知識まで得られる連載です!  この連載はメンバーシップ限定記事ですが、第1木曜日はどなたでもお読みいただけます。  今回の記事はメンバーシップ限定となります。  ぜひ、メンバーシップにご登録ください!

          小嶋悠紀の特別支援教育コンパス第46回 【あらためてADHDとASDの教育現場における課題を考える②〜ADHD症状の困り感〜】

          子供の笑顔は母の笑顔。母の笑顔は子供の笑顔

          授業参観や家庭訪問がなくても、一人一人の保護者とつながり、信頼関係を結ぶ。「母の不安を取り除けば、子供をもっと笑顔にできる」そう信じて。 栃木県公立小学校教諭 柳好恵

          子供の笑顔は母の笑顔。母の笑顔は子供の笑顔

          反抗挑戦的な二次障害への理解と対応

          反抗挑戦的な二次障害を引き起こす脳の原理を知り、上手に脳を「裏切る」と子供が変わる。 長野県公立小学校教諭 原良平

          反抗挑戦的な二次障害への理解と対応

          「おてほんくんかけ算九九4,6の段」PDF無料ダウンロード!(メンバーシップ限定)

           ささエるメンバーシップにご登録いただきありがとうございます。  メンバーシップ特典としまして、特別支援教育にご利用できる教材を無料でダウンロードできるマガジンをご用意しております!  メンバーシップにご登録いただいている間は、無料で何度でもダウンロードできます。どうぞご利用ください。  第18弾は「おてほんくんかけ算九九4,6の段」です。  前回に引き続き、「おてほんくんかけ算九九」からのご提供です。  「おてほんくん」は「トレースくん」や直写ノートで写して使う教材です。

          「おてほんくんかけ算九九4,6の段」PDF無料ダウンロード!(メンバーシップ限定)

          編集長対談 小嶋が行く! 第4弾:太田一美氏 【第2回 療育の現場でも教材の質の高さが重要】<有料マガジン・メンバー無料>

          「ささエる」の小嶋悠紀編集長が、様々な人たちと特別支援に関する対談をするコーナーの第4弾です。 今回の対談相手は就学前の子供たちの療育を行っている一般社団法人Advanceの太田一美氏です。 この対談のテーマは「未就学児の発達障害への治療的な保育とは」です。 第2回は「療育の現場でも教材の質の高さが重要」です。 ※有料マガジンとなっております。 ※続きはマガジンを購入いただくか、「ささエる」メンバーシップ(月額600円)にご登録いただくとお読みいただけます。(2-6月連載)

          編集長対談 小嶋が行く! 第4弾:太田一美氏 【第2回 療育の現場でも教材の質の高さが重要】<有料マガジン・メンバー無料>

        記事

          習字半紙は少々高価な物を使うほうがいい

          茨城県公立小学校教諭 後藤 隆一 ●写真の説明  習字半紙は安物を使うと、すぐにしわくちゃになったり、文字がにじんだりしてしまう。  少々高価な半紙は適度な〈固さ〉があり、しわくちゃになることが少ない。文字もしっかり書ける。つまり、トラブルが減る。特別支援を要する子供たちには特に使ってあげてほしい。 © 2024 TOSS,The Institute for Teaching-Skill Sharing #子育て #発達障害 #特別支援教育 #教室環境 #写真

          習字半紙は少々高価な物を使うほうがいい

          子供の笑顔は母の笑顔。母の笑顔は子供の笑顔

          授業参観や家庭訪問がなくても、一人一人の保護者とつながり、信頼関係を結ぶ。「母の不安を取り除けば、子供をもっと笑顔にできる」そう信じて。 栃木県公立小学校教諭 柳好恵

          ¥600

          子供の笑顔は母の笑顔。母の笑顔は子供の笑顔

          ¥600

          反抗挑戦的な二次障害への理解と対応

          反抗挑戦的な二次障害を引き起こす脳の原理を知り、上手に脳を「裏切る」と子供が変わる。 長野県公立小学校教諭 原良平

          ¥600

          反抗挑戦的な二次障害への理解と対応

          ¥600

          「おてほんくんかけ算九九4,6の段」PDF無料ダウンロード!(メンバーシップ限定)

           ささエるメンバーシップにご登録いただきありがとうございます。  メンバーシップ特典としまして、特別支援教育にご利用できる教材を無料でダウンロードできるマガジンをご用意しております!  メンバーシップにご登録いただいている間は、無料で何度でもダウンロードできます。どうぞご利用ください。  第18弾は「おてほんくんかけ算九九4,6の段」です。  前回に引き続き、「おてほんくんかけ算九九」からのご提供です。  「おてほんくん」は「トレースくん」や直写ノートで写して使う教材です。

          ¥600

          「おてほんくんかけ算九九4,6の段」PDF無料ダウンロード!(メンバーシップ限定)

          ¥600

          編集長対談 小嶋が行く! 第4弾:太田一美氏 【第2回 療育の現場でも教材の質の高さが重要】<有料マガジン・メンバー無料>

          「ささエる」の小嶋悠紀編集長が、様々な人たちと特別支援に関する対談をするコーナーの第4弾です。 今回の対談相手は就学前の子供たちの療育を行っている一般社団法人Advanceの太田一美氏です。 この対談のテーマは「未就学児の発達障害への治療的な保育とは」です。 第2回は「療育の現場でも教材の質の高さが重要」です。 ※有料マガジンとなっております。 ※続きはマガジンを購入いただくか、「ささエる」メンバーシップ(月額600円)にご登録いただくとお読みいただけます。(2-6月連載)

          ¥600〜

          編集長対談 小嶋が行く! 第4弾:太田一美氏 【第2回 療育の現場でも教材の質の高さが重要】<有料マガジン・メンバー無料>

          ¥600〜

          褒めて褒めて褒めまくることで、やる気にさせる

          子供をやる気にさせるには、褒めて褒めて褒めまくることである。 愛知県公立小学校教諭 岩井俊樹 1 何もしないA君 A君を4年生で担任しました。学力が低く、無気力。本が好きで読書をよくしているけど、それ以外のことはほとんどしません。朝登校すると、机の上にランドセルを置き、本を読みます。荷物を出すこともしませんでした。 授業中も、何もしません。机の上に何も出さずにボーっとしていました。 3年生までの担任に聞いても「Aは何もしない。ノートも何も書かなかった」と言っていました。

          褒めて褒めて褒めまくることで、やる気にさせる

          注意欠如・多動症の特性をつかみ、次々に指示を与え、空白の時間をつくらない

          注意欠如・多動症の三大症状「多動性」「衝動性」「不注意」に対応するためには、「空白の時間をつくらないこと」。注意欠如・多動症の子に有効だった手立てを紹介します。 群馬県公立小学校教諭 稲葉竜也 教師10年目の時、通常学級担任から特別支援学級担任になりました。そこから数年たち、初めて注意欠如・多動症(ADHD)と正式に診断を受けた子を担任しました。その名の通り、ここまで不注意で、多動性があり、衝動性がある子は初めてでした。 とにかく注意の切り替わりが早いです。次々に切り替

          注意欠如・多動症の特性をつかみ、次々に指示を与え、空白の時間をつくらない

          合奏の楽しさを感じられるハンドベル

          静岡県公立小学校教諭 広畑宏樹 Q1,どういう工夫をした写真か  音楽の授業の楽器演奏を、タッチ&グリップタイプのハンドベルで行った。 Q2,どんな効果があったか  知的な遅れや不器用さにより鍵盤ハーモニカやリコーダーでは難しいという子たちも、操作が簡単なので演奏に取り組むことができるようになった。 担当の1つの音をタッチで鳴らすという段階から始めた。これまで参加できなかった子たちも合奏に参加し、みんなと活動を楽しむことができた。やがて、振って鳴らすこともできるように

          合奏の楽しさを感じられるハンドベル

          しゃがんで落ち着くための個人スペース

          神奈川県公立小学校教諭 小塚祐爾 Q1,どういう工夫をした写真か  パニックになった子が1人でしゃがんで落ち着くために入れるスペースを段ボールで作った。 Q2,どんな効果があったか  パニックになった時に、子供は自分でここに入りしばらく過ごすと、落ち着くことができた。 © 2024 TOSS,The Institute for Teaching-Skill Sharing #子育て #発達障害 #特別支援教育 #教室環境 #写真で見る #写真で見る特別支

          しゃがんで落ち着くための個人スペース

          小嶋悠紀の特別支援教育コンパス第45回 【あらためてADHDとASDの教育現場における課題を考える①】

           大好評の編集長日記「小嶋悠紀の特別支援教育コンパス」は、毎月第1、3木曜日に更新されます。  特別支援教育の第一人者である小嶋編集長の貴重な知見が惜しみなく盛り込まれた、読みやすいのにDEEPな知識まで得られる連載です!  この連載はメンバーシップ限定記事ですが、第1木曜日はどなたでもお読みいただけます。 まず、この問題を考える上で、しっかりと押さえておきたいことがある。  それは、 「発達障害の診断名で特別支援教育を語る時代は終わっている」 ということである。このことを

          小嶋悠紀の特別支援教育コンパス第45回 【あらためてADHDとASDの教育現場における課題を考える①】

          気になるあの子が笑顔でいられるための手立て3

          子供の特性を知る、安定するモノを用意する、‟これならOK”を提示する。 神奈川県公立小学校教諭 川口里佳

          ¥600

          気になるあの子が笑顔でいられるための手立て3

          ¥600

          鉛筆削り器1つでもこだわりが表れる

          「その子にとって大切なものは何か」を知ることの大切さを学んだ。 群馬県公立小学校教諭 田中健太 気に入らないことがあれば、暴言を吐き、男女年齢関係なく暴力を振るう子の支援員をしていました。授業中もできない問題があれば「できねえー!」「分からねえー!」と大声で叫ぶ状態でした。適切な対応によって、落ち着いて授業を受けられることもありました。 しかし、時折イライラし出すことがありました。 そのきっかけになるのは、一生懸命に漢字を書いたり、計算を解いたりしている時に、ポキっと鉛筆

          鉛筆削り器1つでもこだわりが表れる