ささエる|特別支援教育総合WEBマガジン

「ささエる」は、“先生たちとつくる” 特別支援教育の総合WEBマガジンです。 特別な支…

ささエる|特別支援教育総合WEBマガジン

「ささエる」は、“先生たちとつくる” 特別支援教育の総合WEBマガジンです。 特別な支援が必要な子供たちに、経験豊富な学校現場の先生や専門家の実践的な記事を配信します。先生方はもちろん、保護者の方もすぐに役立つ内容を目指しています。

メンバーシップに加入する

メンバーシップ会員にご登録いただくと、「ささエる」のすべての記事の閲覧に加え、メンバーシップ限定の教材DLやイベント参加、お得なキャンペーン特典もございます♪

  • ささエる会員購読

    ¥600 / 月
    初月無料

マガジン

  • ささエるマガジン 第2号

    特別支援教育に特化したマガジンの第2号です。 今回は新年度のスタートダッシュを応援する内容です。 学校の先生方はもちろん、子育てに悩んでいる保護者の皆さまにも、ぜひお読みいただきたい内容です。 ライターはすべて、教育現場で実際に子供たちに接している先生方です。 「本当に効果があった」子供たちへの対応を学ぶことができる貴重な話が満載です!

  • 教材ひろば

    メンバーシップ限定で、ミニ賞状データや校内研修で使用できるプリントなど、お役立ちアイテムを無料ダウンロードできます! 教材はどんどん追加されていきます。 何度でもダウンロードできますので、自由にお使いください!

  • 編集長対談 小嶋が行く! 第3弾【メンバー無料、全10回】

    今回、小嶋編集長が対談するのは、WING SCHOOL校長の田上善浩先生です。 オルタナティブスクールという新しい学校の形をつくった田上先生は、小嶋編集長にとってTOSSの先輩でもあります。 全10回のマガジンです。記事は月2回ずつアップしていきます。 (2月-6月で連載) マガジンを購入された方は、購入後にアップされたマガジン内の記事もすべてお読みいただくことができます。 メンバーシップに登録されている方は、もちろん無料でお読みいただけます。 1,WING SCHOOLを立ち上げたきっかけ 2,オルタナティブスクールを立ち上げて 3,めっちゃ楽しい学校を目指して 4,WING SCHOOLの教育理念 5,傷つき体験のある子も自然に受け入れられる (6~10は現在制作中)

  • 小嶋編集長が認めた! 注目の特別支援教育実践

    全国の先生方が行っている特別支援教育の実践から、「ささエる」の小嶋編集長が「これは!」と注目したものをピックアップし、原稿をご依頼しています。 今、ぜひ多くの人に知っていただきたい実践を、リレー連載で公開していきます。 ※月1回更新、執筆者は次々に替わっていきます(1人3回程度の連載となります)。

  • TOSS特別支援教育第2号

    2016年2月発行の「TOSS特別支援教育」第2号の記事です。

リンク

ウィジェット

  • 商品画像

    【多動・姿勢の改善サポート】センサリーツール ふみおくん (グレー)

  • 商品画像

    五色ソーシャルスキルかるた スタートキット<読み札+取り札> 遊びながらルールとマナーを身につける!

  • 商品画像

    発達障害・グレーゾーンの子がグーンと伸びた 声かけ・接し方大全 イライラ・不安・パニックを減らす100のスキル (こころライブラリー)

    小嶋 悠紀

最近の記事

  • 固定された記事

小嶋悠紀の特別支援教育コンパス第43回 【日本で真のインクルーシブは実現できるのか?⑧】

 2023年4月より「ささエる」編集長・小嶋悠紀の連載が始まりました! 「ささエる」本格オープンの11月からは毎月第1・3木曜日の更新となりました。今月は第5木曜日も特別に更新いたします。  この連載はメンバーシップ限定記事ですが、第1木曜日はどなたでもお読みいただけます。 ※6月6日に無料公開記事へと変更しました。  5月26日にこの「ささエる」のメンバーシップ限定企画「ささエるフェス」が開催され、およそ250名以上のお申込みをいただいた。  本企画では「LD(限極性学習

    • こだわりをみんなが喜ぶ「役割」に変える

      「あいさつ当番」なら、こだわりをみんなに役⽴つ「役割」に昇華できます! 北海道公⽴⼩学校教諭 五⼗嵐貴弘 4⽉、「先⽣、みんなが僕の⾔うことを聞いてくれません! ぼくなんかいなくたっていいんだ!」 2年⽣のタロウ君(仮名)が泣きながら繰り返し訴えてきました。 タロウ君は、こだわりが強く、⾃分が興味のあることや⾃分が正しいと思ったことを他の⼦にも強要してしまうことがありました。5⽉に地域の児童館で、友達を叩いてしまった時には、「僕なんか死んじゃえばいいんだ!」と⾃分を責めた

      • 「おてほんくんかけ算九九2,3,5の段」PDF無料ダウンロード!(メンバーシップ限定)

         ささエるメンバーシップにご登録いただきありがとうございます。  メンバーシップ特典としまして、特別支援教育にご利用できる教材を無料でダウンロードできるマガジンをご用意しております!  メンバーシップにご登録いただいている間は、無料で何度でもダウンロードできます。どうぞご利用ください。  第17弾は「おてほんくんかけ算九九2,3,5の段」です。  「おてほんくん」は「トレースくん」や直写ノートで写して使う教材です。  現在は入手困難な「かけ算九九」のうち2,3,5の段のシート

        • 編集長対談 小嶋が行く! 第3弾:田上善浩氏 【第10回 WING SCHOOLを起爆剤として公教育を変えていく】(最終回)<有料マガジン・メンバー無料>

          「ささエる」の小嶋悠紀編集長が、様々な人たちと特別支援に関する対談をするコーナーの第3弾です。 今回の対談相手はオルタナティブスクールのWING SCHOOLを立ち上げた田上善浩氏です。 この対談のテーマは「子供たちが『傷つき体験』をしない教育とは」です。 第10回は「WING SCHOOLを起爆剤として公教育を変えていく」です。 今回が最終回となります。 次回の対談は療育施設「一般社団法人advance」の太田和美先生です。どうぞお楽しみに! ※マガジンを購入いただくか、「

        • 固定された記事

        小嶋悠紀の特別支援教育コンパス第43回 【日本で真のインクルーシブは実現できるのか?⑧】

        マガジン

        • ささエるマガジン 第2号
          29本
        • 教材ひろば
          23本
        • 編集長対談 小嶋が行く! 第3弾【メンバー無料、全10回】
          10本
          ¥1,000
        • 小嶋編集長が認めた! 注目の特別支援教育実践
          4本
        • TOSS特別支援教育第2号
          22本
        • ささエるマガジン 第1号
          31本

        メンバーシップ

        • [5月26日ささエるフェス]お申込は 5月26日朝 8時30…

        • [5月26日ささエるフェス] テーマは『学習障害(LD)』

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • ささエるツアー兵庫へのご参加ありがとうございます!…

        • ささエるツアーへのご参加ありがとうございます! 仙…

        • [5月26日ささエるフェス]お申込は 5月26日朝 8時30…

        • [5月26日ささエるフェス] テーマは『学習障害(LD)』

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • ささエるツアー兵庫へのご参加ありがとうございます!…

        • ささエるツアーへのご参加ありがとうございます! 仙…

        メンバー特典記事

          「おてほんくんかけ算九九2,3,5の段」PDF無料ダウンロード!(メンバーシップ限定)

          「ささエる会員購読」に参加すると最後まで読めます

           ささエるメンバーシップにご登録いただきありがとうございます。  メンバーシップ特典としまして、特別支援教育にご利用できる教材を無料でダウンロードできるマガジンをご用意しております!  メンバーシップにご登録いただいている間は、無料で何度でもダウンロードできます。どうぞご利用ください。  第17弾は「おてほんくんかけ算九九2,3,5の段」です。  「おてほんくん」は「トレースくん」や直写ノートで写して使う教材です。  現在は入手困難な「かけ算九九」のうち2,3,5の段のシート

          「おてほんくんかけ算九九2,3,5の段」PDF無料ダウンロード!(メンバーシップ限定)

          編集長対談 小嶋が行く! 第3弾:田上善浩氏 【第10回 WING SCHOOLを起爆剤として公教育を変えていく】(最終回)<有料マガジン・メンバー無料>

          「ささエる会員購読」に参加すると最後まで読めます

          「ささエる」の小嶋悠紀編集長が、様々な人たちと特別支援に関する対談をするコーナーの第3弾です。 今回の対談相手はオルタナティブスクールのWING SCHOOLを立ち上げた田上善浩氏です。 この対談のテーマは「子供たちが『傷つき体験』をしない教育とは」です。 第10回は「WING SCHOOLを起爆剤として公教育を変えていく」です。 今回が最終回となります。 次回の対談は療育施設「一般社団法人advance」の太田和美先生です。どうぞお楽しみに! ※マガジンを購入いただくか、「

          編集長対談 小嶋が行く! 第3弾:田上善浩氏 【第10回 WING SCHOOLを起爆剤として公教育を変えていく】(最終回)<有料マガジン・メンバー無料>

          トラブル激減!スタートを安定させる環境調整

          「ささエる会員購読」に参加すると最後まで読めます

          注意しても繰り返されるトラブルは、場の環境のせいかも! 教室を整えてトラブルを予防しましょう。 静岡県公立小学校教諭 広畑宏樹

          トラブル激減!スタートを安定させる環境調整

          子供が根本から変容する実践の共通点(「翔和学園×長谷川博之コラボセミナー」(2024年1月20日/ハイブリッド開催))

          「ささエる会員購読」に参加すると最後まで読めます

          埼玉県公立中学校教諭 長谷川博之 様々な特性をもった子供、集団行動に向かない子供がいる中で、教師の指導も変えていかなければいけない。子供の様子をよく見てアセスメントし、適切な対応をすることが必要だ。 ★この記事の最後に、講座の実際の動画を少しだけ公開しています。  ぜひ、ご覧になってセミナーの雰囲気をお楽しみください★

          有料
          300

          子供が根本から変容する実践の共通点(「翔和学園×長谷川博之コラボセミナー」(2024年1月20日/ハイブリッド開催))

          教師の指示に従えない子供への対応

          「ささエる会員購読」に参加すると最後まで読めます

          教師の指示に従えない理由は、「自分のやりたいことが最優先になってしまう」という特性であった。 群馬県公立中学校教諭 横堀勇太

          教師の指示に従えない子供への対応

          編集長対談 小嶋が行く! 第3弾:田上善浩氏 【第9回 教育の原点は「個別最適」の特別支援教育】<有料マガジン・メンバー無料>

          「ささエる会員購読」に参加すると最後まで読めます

          「ささエる」の小嶋悠紀編集長が、様々な人たちと特別支援に関する対談をするコーナーの第3弾です。 今回の対談相手はオルタナティブスクールのWING SCHOOLを立ち上げた田上善浩氏です。 この対談のテーマは「子供たちが『傷つき体験』をしない教育とは」です。 第9回は「教育の原点は『個別最適』の特別支援教育」です。 ※マガジンを購入いただくか、「ささエる」メンバーシップ(月額600円)にご登録いただくとお読みいただけます。(2-6月連載)

          編集長対談 小嶋が行く! 第3弾:田上善浩氏 【第9回 教育の原点は「個別最適」の特別支援教育】<有料マガジン・メンバー無料>

        記事

          その子のペースで進め、褒め続ける

          徹底した「スモール・ステップ」と「褒め」が、子供自身の変容を生み出す。 福岡県公立小学校教諭 田中稜真 2年生として、読み書きに大きな課題を抱えていたAを担任しました。 学習状況の引き継ぎで、Aが学習に対して、すでに苦手意識を感じていることが分かりました。 そのため、Aと授業を進めるときに意識したのが、次の2つです。 1.Aのペースに徹底して合わせたスモール・ステップ 2年生になって最初の漢字10問テスト。 一生懸命練習を続けるAですが、新出漢字をなかなか覚えることが

          その子のペースで進め、褒め続ける

          トラブル激減!スタートを安定させる環境調整

          注意しても繰り返されるトラブルは、場の環境のせいかも! 教室を整えてトラブルを予防しましょう。 静岡県公立小学校教諭 広畑宏樹

          トラブル激減!スタートを安定させる環境調整

          清掃時の工夫・箒編

          新潟県特別支援学校教諭 野田晴高 Q1,どういう工夫をした写真か  知的特別支援学校では、散見される清掃指導の工夫の一つである。作業学習や個別の学習時に行った「紙ちぎり」を利用する。ゴミを見やすくするために、床にちぎった新聞紙をまく。それを目印に、ゴミを箒で掃く練習をする。 また、強風時には、ちぎった新聞紙が舞ってしまうため、事前に適量の水を振りかけておく。重みをつけたり、集めやすくしたりするためである。 Q2,どんな効果があったか  ちぎった新聞紙ゴミは、大きく視覚

          生活単元学習(ポップコーンパーティー)での掲示物

          株式会社Onevision YCCもこもこ 笹野達哉 Q1,どういう工夫をした写真か  生活単元学習の際に、作業行程を忘れる子供がいる。そのため、前面のホワイトボードに必要な過程を載せ、子供が忘れないようにする工夫を行った。 Q2,どんな効果があったか  教師も子供も、忘れた際に前面を見ることで安心をする。また、教師への質問も減り、調理のサポートがしやすくなった。前面の内容が難しい子供には、個別で予定表を作成すると良い。 © 2024 TOSS,The Instit

          生活単元学習(ポップコーンパーティー)での掲示物

          子供が根本から変容する実践の共通点(「翔和学園×長谷川博之コラボセミナー」(2024年1月20日/ハイブリッド開催))

          埼玉県公立中学校教諭 長谷川博之 様々な特性をもった子供、集団行動に向かない子供がいる中で、教師の指導も変えていかなければいけない。子供の様子をよく見てアセスメントし、適切な対応をすることが必要だ。 ★この記事の最後に、講座の実際の動画を少しだけ公開しています。  ぜひ、ご覧になってセミナーの雰囲気をお楽しみください★

          有料
          300

          子供が根本から変容する実践の共通点(「翔和学園×長谷川…

          自分で選択し、判断する工夫「どっちが好き?」

          山梨県公立小学校教諭 武井恒 Q1,どういう工夫をした写真か  教室のホワイトボードに毎日、選択問題を掲示しています。例えば、食べ物のイラストカードを貼って「どっちがすき?」と問いかけます。子供たちは登校したらどちらかを選んで、写真の下に名前を書きます。 Q2,どんな効果があったか  朝、集まった時にこれを話題にします。そして、「なぜ、〇〇を選んだのですか?」と理由をききます。子供たちは「だって〇〇は〜だから」と自分なりの理由を言います。毎日のちょっとした選択、判断す

          自分で選択し、判断する工夫「どっちが好き?」

          「学校ソーシャルスキルフラッシュカード」を目に見えるところに掲示する

          北海道公立小学校教諭 吉田沙智 Q1,どういう工夫をした写真か  授業で使い終わった「学校ソーシャルスキルフラッシュカード」を掲示している写真です。 Q2,どんな効果があったか  目に入る場所に素敵な言葉や望ましい考え方を掲示することで、子供たちの意識が自然と強化されます。 © 2024 TOSS,The Institute for Teaching-Skill Sharing #子育て #発達障害 #特別支援教育 #教室環境 #写真で見る #写真で見る

          「学校ソーシャルスキルフラッシュカード」を目に見えるところに掲示する

          教師の指示に従えない子供への対応

          教師の指示に従えない理由は、「自分のやりたいことが最優先になってしまう」という特性であった。 群馬県公立中学校教諭 横堀勇太

          教師の指示に従えない子供への対応

          <神谷先生の4コマ漫画>その子を包み込む学級経営

          TOSS特別支援教育誌第15号4ページの奥原淳子先生の記事を漫画化しました。 愛知県公立小学校教諭 神谷優美 NG対応 放置する OK対応 個別に声をかけ、分からないときにどうすればいいか教える 集団に入ることができない要因に合わせた支援もありますが、学級経営を視野に入れた、どの子にも共通する支援もあります。 短い言葉で端的に指示したつもりでも、B児には伝わらないことが多かったです。何をすればよいのか分からず、B児は授業中ポーッとしていました。そんなときにOK対応①②

          <神谷先生の4コマ漫画>その子を包み込む学級経営

          編集長対談 小嶋が行く! 第3弾:田上善浩氏 【第9回 教育の原点は「個別最適」の特別支援教育】<有料マガジン・メンバー無料>

          「ささエる」の小嶋悠紀編集長が、様々な人たちと特別支援に関する対談をするコーナーの第3弾です。 今回の対談相手はオルタナティブスクールのWING SCHOOLを立ち上げた田上善浩氏です。 この対談のテーマは「子供たちが『傷つき体験』をしない教育とは」です。 第9回は「教育の原点は『個別最適』の特別支援教育」です。 ※マガジンを購入いただくか、「ささエる」メンバーシップ(月額600円)にご登録いただくとお読みいただけます。(2-6月連載)

          編集長対談 小嶋が行く! 第3弾:田上善浩氏 【第9回 教育の原点は「個別最適」の特別支援教育】<有料マガジン・メンバー無料>

          聴覚障害児も笑った! TOSS音楽指導(3年間の軌跡)①

          ろう学校で始めたTOSS音楽実践(1年目)。まずは身体活動で拍をつかませる。 高知県立特別支援学校教諭・小松賀恵  1年から6年までの合同音楽を担当することになりました。障害の度合いは様々でした。  引き継がれていたことは、「拍取りは、困難。常時、太鼓を使用。正しい音程は求めない。」でした。 1.「やって真似させる」から始めた音楽授業開き 「手が重なったところで、手拍子してね。はい!」と、明るく指示をしました。  子供たちは、キョトン。教室は、シーン。  周囲の先生

          聴覚障害児も笑った! TOSS音楽指導(3年間の軌跡)①

          母親との関係が悪くなってしまった不登校の子と保護者への支援

          母子家庭で支援していた母親との連携のポイントは、「子供が来たい」と思う場所づくり。 埼玉県公立小学校教諭 新井亮 私が通級指導の担当をしていた時に「不登校」だった5年生M君。M君は2人兄弟の長男。ADHD(注意欠如・多動症)の診断を受けていました。妹は右手に障害を抱えていました。母親は1人で2人を育てていました。家族は妹の障害には手をかけていましたが、目に見えにくいM君の障害には気付いていませんでした。学校で適応できなくなり、その時に診断されました。通級に来た時には二次障

          母親との関係が悪くなってしまった不登校の子と保護者への支援