ささエる|特別支援教育総合WEBマガジン

「ささエる」は、“先生たちとつくる” 特別支援教育の総合WEBマガジンです。 特別な支…

ささエる|特別支援教育総合WEBマガジン

「ささエる」は、“先生たちとつくる” 特別支援教育の総合WEBマガジンです。 特別な支援が必要な子供たちに、経験豊富な学校現場の先生や専門家の実践的な記事を配信します。先生方はもちろん、保護者の方もすぐに役立つ内容を目指しています。

メンバーシップに加入する

メンバーシップ会員にご登録いただくと、「ささエる」のすべての記事の閲覧に加え、メンバーシップ限定の教材DLやイベント参加、お得なキャンペーン特典もございます♪

  • ささエる会員購読

    ¥600 / 月
    初月無料

マガジン

  • 編集長対談 小嶋が行く! 第3弾【メンバー無料、全10回】

    今回、小嶋編集長が対談するのは、WING SCHOOL校長の田上善浩先生です。 オルタナティブスクールという新しい学校の形をつくった田上先生は、小嶋編集長にとってTOSSの先輩でもあります。 全10回のマガジンです。記事は月2回ずつアップしていきます。 (2月-6月で連載) マガジンを購入された方は、購入後にアップされたマガジン内の記事もすべてお読みいただくことができます。 メンバーシップに登録されている方は、もちろん無料でお読みいただけます。 1,WING SCHOOLを立ち上げたきっかけ 2,オルタナティブスクールを立ち上げて 3,めっちゃ楽しい学校を目指して 4,WING SCHOOLの教育理念 5,傷つき体験のある子も自然に受け入れられる (6~10は現在制作中)

  • 小嶋編集長が認めた! 注目の特別支援教育実践

    全国の先生方が行っている特別支援教育の実践から、「ささエる」の小嶋編集長が「これは!」と注目したものをピックアップし、原稿をご依頼しています。 今、ぜひ多くの人に知っていただきたい実践を、リレー連載で公開していきます。 ※月1回更新、執筆者は次々に替わっていきます(1人3回程度の連載となります)。

  • ささエるマガジン 第2号

    特別支援教育に特化したマガジンの第2号です。 今回は新年度のスタートダッシュを応援する内容です。 学校の先生方はもちろん、子育てに悩んでいる保護者の皆さまにも、ぜひお読みいただきたい内容です。 ライターはすべて、教育現場で実際に子供たちに接している先生方です。 「本当に効果があった」子供たちへの対応を学ぶことができる貴重な話が満載です!

  • 教材ひろば

    メンバーシップ限定で、ミニ賞状データや校内研修で使用できるプリントなど、お役立ちアイテムを無料ダウンロードできます! 教材はどんどん追加されていきます。 何度でもダウンロードできますので、自由にお使いください!

  • TOSS特別支援教育第2号

    2016年2月発行の「TOSS特別支援教育」第2号の記事です。

リンク

ウィジェット

  • 商品画像

    【多動・姿勢の改善サポート】センサリーツール ふみおくん (グレー)

  • 商品画像

    五色ソーシャルスキルかるた スタートキット<読み札+取り札> 遊びながらルールとマナーを身につける!

  • 商品画像

    発達障害・グレーゾーンの子がグーンと伸びた 声かけ・接し方大全 イライラ・不安・パニックを減らす100のスキル (こころライブラリー)

    小嶋 悠紀

最近の記事

  • 固定された記事

【5月26日メンバーシップ限定】ささエるフェスVOL.03[ 読者セミナー]

特別支援教育総合WEBマガジン「ささエる」の第3回読者セミナーです! 昨年11月の第2回セミナーが大変好評をいただきましたため、2024年5月に3回目を開催することとなりました🎉 今回は【学習障害(LD)】をテーマにクリニックなどで現場を知る専門家をお招きします🥼 障害についての理解を深め、教育の現場・実生活に活かすための実用的な内容を提供いたします📗 開催日時:2024年5月26日(日)11:30~13:10 学習障害(LD)に向き合う~ 子供たちの発見と対応 ~①LD

    • 編集長対談 小嶋が行く! 第3弾:田上善浩氏 【第9回 教育の原点は「個別最適」の特別支援教育】<有料マガジン・メンバー無料>

      「ささエる」の小嶋悠紀編集長が、様々な人たちと特別支援に関する対談をするコーナーの第3弾です。 今回の対談相手はオルタナティブスクールのWING SCHOOLを立ち上げた田上善浩氏です。 この対談のテーマは「子供たちが『傷つき体験』をしない教育とは」です。 第9回は「教育の原点は『個別最適』の特別支援教育」です。 ※マガジンを購入いただくか、「ささエる」メンバーシップ(月額600円)にご登録いただくとお読みいただけます。(2-6月連載)

      • 聴覚障害児も笑った! TOSS音楽指導(3年間の軌跡)①

        ろう学校で始めたTOSS音楽実践(1年目)。まずは身体活動で拍をつかませる。 高知県立特別支援学校教諭・小松賀恵  1年から6年までの合同音楽を担当することになりました。障害の度合いは様々でした。  引き継がれていたことは、「拍取りは、困難。常時、太鼓を使用。正しい音程は求めない。」でした。 1.「やって真似させる」から始めた音楽授業開き 「手が重なったところで、手拍子してね。はい!」と、明るく指示をしました。  子供たちは、キョトン。教室は、シーン。  周囲の先生

        • 母親との関係が悪くなってしまった不登校の子と保護者への支援

          母子家庭で支援していた母親との連携のポイントは、「子供が来たい」と思う場所づくり。 埼玉県公立小学校教諭 新井亮 私が通級指導の担当をしていた時に「不登校」だった5年生M君。M君は2人兄弟の長男。ADHD(注意欠如・多動症)の診断を受けていました。妹は右手に障害を抱えていました。母親は1人で2人を育てていました。家族は妹の障害には手をかけていましたが、目に見えにくいM君の障害には気付いていませんでした。学校で適応できなくなり、その時に診断されました。通級に来た時には二次障

        • 固定された記事

        【5月26日メンバーシップ限定】ささエるフェスVOL.03[ 読者セミナー]

        マガジン

        • 編集長対談 小嶋が行く! 第3弾【メンバー無料、全10回】
          9本
          ¥1,000
        • 小嶋編集長が認めた! 注目の特別支援教育実践
          4本
        • ささエるマガジン 第2号
          23本
        • 教材ひろば
          22本
        • TOSS特別支援教育第2号
          22本
        • ささエるマガジン 第1号
          31本

        メンバーシップ

        • [5月26日ささエるフェス]お申込は 5月26日朝 8時30…

        • [5月26日ささエるフェス] テーマは『学習障害(LD)』

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • ささエるツアー兵庫へのご参加ありがとうございます!…

        • ささエるツアーへのご参加ありがとうございます! 仙…

        • [5月26日ささエるフェス]お申込は 5月26日朝 8時30…

        • [5月26日ささエるフェス] テーマは『学習障害(LD)』

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • ささエるツアー兵庫へのご参加ありがとうございます!…

        • ささエるツアーへのご参加ありがとうございます! 仙…

        メンバー特典記事

          編集長対談 小嶋が行く! 第3弾:田上善浩氏 【第9回 教育の原点は「個別最適」の特別支援教育】<有料マガジン・メンバー無料>

          「ささエる会員購読」に参加すると最後まで読めます

          「ささエる」の小嶋悠紀編集長が、様々な人たちと特別支援に関する対談をするコーナーの第3弾です。 今回の対談相手はオルタナティブスクールのWING SCHOOLを立ち上げた田上善浩氏です。 この対談のテーマは「子供たちが『傷つき体験』をしない教育とは」です。 第9回は「教育の原点は『個別最適』の特別支援教育」です。 ※マガジンを購入いただくか、「ささエる」メンバーシップ(月額600円)にご登録いただくとお読みいただけます。(2-6月連載)

          編集長対談 小嶋が行く! 第3弾:田上善浩氏 【第9回 教育の原点は「個別最適」の特別支援教育】<有料マガジン・メンバー無料>

          ★新年度特別企画!★ 小嶋悠紀の特別支援教育コンパス第42回 【4月〜5月の発達障害の子供たちをケアする④】

          「ささエる会員購読」に参加すると最後まで読めます

           「ささエる」編集長・小嶋悠紀の連載も1周年を迎えました!  この4月~5月は、新年度特別企画として、「4月〜5月の発達障害の子供たちをケアする」を連載してきました。今回はその特別企画の最終回です。(注・「小嶋悠紀の特別支援教育コンパス」はまだまだ続きます!)  この記事をお読みくださっている先生方、ぜひ、新年度の指導にお役立てください。  また、保護者の皆様には、新年度の子供たちの様子について、「ああ、そういうことだったんだ!」という理解を深めていただけることと思います。

          ★新年度特別企画!★ 小嶋悠紀の特別支援教育コンパス第42回 【4月〜5月の発達障害の子供たちをケアする④】

          子供との「信頼関係」が最も大切な基盤

          「ささエる会員購読」に参加すると最後まで読めます

          新卒2年目S先生がつかんだささやかで、大きな変容。子供と教師の成長の実話。 静岡県公立小学校教諭 青山智士 仲間のS先生から、相談のメールが届きました。 学級に支援を要する子がいます。「今、それをやる時間じゃない」という行動が多いです。 漢字をやるべき時間にやらず、みんなが終わったときにやり出し、注意すると固まってしまいます。 友達とのトラブルも多いです。教師自身がイライラしてしまいます。どうしたらいいでしょうか。

          子供との「信頼関係」が最も大切な基盤

          小嶋編集長の特別支援教育研修シート⑫無料ダウンロード!(メンバーシップ限定)

          「ささエる会員購読」に参加すると最後まで読めます

           ささエるメンバーシップにご登録いただきありがとうございます。  メンバーシップ特典としまして、特別支援教育にご利用できる教材を無料でダウンロードできるマガジンをご用意しております!  メンバーシップにご登録いただいている間は、無料で何度でもダウンロードできます。どうぞご利用ください。  第16弾は「小嶋編集長の特別支援教育研修シート⑫」です。元々、2020年度の『教育トークライン』誌に連載していた、小嶋編集長が作ったワークシートです。『教育トークライン』を購読されている方も

          小嶋編集長の特別支援教育研修シート⑫無料ダウンロード!(メンバーシップ限定)

          編集長対談 小嶋が行く! 第3弾:田上善浩氏 【第8回 WING SCHOOLはフラッグシップ】<有料マガジン・メンバー無料>

          「ささエる会員購読」に参加すると最後まで読めます

          「ささエる」の小嶋悠紀編集長が、様々な人たちと特別支援に関する対談をするコーナーの第3弾です。 今回の対談相手はオルタナティブスクールのWING SCHOOLを立ち上げた田上善浩氏です。 この対談のテーマは「子供たちが『傷つき体験』をしない教育とは」です。 第8回は「WING SCHOOLはフラッグシップ」です。 ※マガジンを購入いただくか、「ささエる」メンバーシップ(月額600円)にご登録いただくとお読みいただけます。(2-6月連載)

          編集長対談 小嶋が行く! 第3弾:田上善浩氏 【第8回 WING SCHOOLはフラッグシップ】<有料マガジン・メンバー無料>

          自己決定を尊重するから納得して活動する

          「ささエる会員購読」に参加すると最後まで読めます

          生徒に自己決定させることで、こだわりのある子も納得し、主体的に活動へ取り組むことができる。 広島県公立中学校教諭 櫻井満也

          自己決定を尊重するから納得して活動する

        記事

          無理に止めるのではなく、気が済むまでやらせる

          こだわり行動のある中1男子。本人も周りの生徒もストレスのない授業にするためのスキルとは。 宮城県公立中学校教諭 川村護 「おい! 教えんなよ、バカ!」 支援を要する中学1年のA男の言葉。「メルボルン、見付けたら座ります」という地名探しは、社会科の授業で毎回一度は入れる活動。見付けられたら、まだ見付けられていない生徒にヒントを与えにいくように指示しています。早く見付けた生徒にとっても、空白の時間がなくなり、授業が間延びすることもありません。 これは、親切に教えようとした級

          無理に止めるのではなく、気が済むまでやらせる

          ★新年度特別企画!★ 小嶋悠紀の特別支援教育コンパス第42回 【4月〜5月の発達障害の子供たちをケアする④】

           「ささエる」編集長・小嶋悠紀の連載も1周年を迎えました!  この4月~5月は、新年度特別企画として、「4月〜5月の発達障害の子供たちをケアする」を連載してきました。今回はその特別企画の最終回です。(注・「小嶋悠紀の特別支援教育コンパス」はまだまだ続きます!)  この記事をお読みくださっている先生方、ぜひ、新年度の指導にお役立てください。  また、保護者の皆様には、新年度の子供たちの様子について、「ああ、そういうことだったんだ!」という理解を深めていただけることと思います。

          ★新年度特別企画!★ 小嶋悠紀の特別支援教育コンパス第42回 【4月〜5月の発達障害の子供たちをケアする④】

          トレースくんを使い、もう一歩ステップアップ!

          北海道公立小学校教諭 赤塚邦彦 Q1,どういう工夫をした写真か  トレースくん(https://www.tiotoss.jp/products/detail.php?product_id=2946)という、透明ファイルにホワイトボードマーカーを使い、学習テンプレートをなぞる教具があります。学習テンプレートをなぞる学習のあとに、そのテンプレートをお手本にして、なぞらずに写す学習活動に挑戦させました。 Q2,どんな効果があったか  何度か直接なぞる学習をすると、慣れが生ま

          トレースくんを使い、もう一歩ステップアップ!

          「ルールのイラスト化」で覚えるのが苦手な子にも伝わった

          静岡県公立小学校教諭 広畑宏樹 Q1,どういう工夫をした写真か 「落ちた落ちた」ゲームのルールを、イラストで表すことで可視化した。 Q2,どんな効果があったか  ルールを覚えておくのが苦手な子も、ゲームを楽しめるようになった。  慣れたら、「『いし』って言った時も、『まもる』よ」「『サメ』の時はどうする?〇〇さんの意見の『逃げる』にしよう」など、ルールを増やしていく。  ゲームだけでなく、他の場面でもイラスト化を行った。すると、体育でリレーのルールが伝わるようになる

          「ルールのイラスト化」で覚えるのが苦手な子にも伝わった

          子供との「信頼関係」が最も大切な基盤

          新卒2年目S先生がつかんだささやかで、大きな変容。子供と教師の成長の実話。 静岡県公立小学校教諭 青山智士 仲間のS先生から、相談のメールが届きました。 学級に支援を要する子がいます。「今、それをやる時間じゃない」という行動が多いです。 漢字をやるべき時間にやらず、みんなが終わったときにやり出し、注意すると固まってしまいます。 友達とのトラブルも多いです。教師自身がイライラしてしまいます。どうしたらいいでしょうか。

          子供との「信頼関係」が最も大切な基盤

          「何回でもできちゃうよ!」子供の学習意欲が激変したスーパー教材!?

          情緒学級に入学した1年生のAくん。文字を書くことを極端に嫌がり、「やりたくない」と言い続ける毎日でした。そんなAくんが「ある1つの教材」でガラッと変わりました。 長崎県公立小学校教諭 小松雄斗 今年、初めての情緒学級担任でASD(自閉スペクトラム症)のAさんを担任しました。 Aさんは気分で物事を決めることが多く、マイナスな言葉ばかり発していました。 また、文字を書くことがとても苦手で、字形が乱れると「やりたくない」「もーやだぁ」と身体から力が抜けてしまいます。 初めて

          「何回でもできちゃうよ!」子供の学習意欲が激変したスーパー教材!?

          小嶋編集長の特別支援教育研修シート⑫無料ダウンロード!(メンバーシップ限定)

           ささエるメンバーシップにご登録いただきありがとうございます。  メンバーシップ特典としまして、特別支援教育にご利用できる教材を無料でダウンロードできるマガジンをご用意しております!  メンバーシップにご登録いただいている間は、無料で何度でもダウンロードできます。どうぞご利用ください。  第16弾は「小嶋編集長の特別支援教育研修シート⑫」です。元々、2020年度の『教育トークライン』誌に連載していた、小嶋編集長が作ったワークシートです。『教育トークライン』を購読されている方も

          小嶋編集長の特別支援教育研修シート⑫無料ダウンロード!(メンバーシップ限定)

          編集長対談 小嶋が行く! 第3弾:田上善浩氏 【第8回 WING SCHOOLはフラッグシップ】<有料マガジン・メンバー無料>

          「ささエる」の小嶋悠紀編集長が、様々な人たちと特別支援に関する対談をするコーナーの第3弾です。 今回の対談相手はオルタナティブスクールのWING SCHOOLを立ち上げた田上善浩氏です。 この対談のテーマは「子供たちが『傷つき体験』をしない教育とは」です。 第8回は「WING SCHOOLはフラッグシップ」です。 ※マガジンを購入いただくか、「ささエる」メンバーシップ(月額600円)にご登録いただくとお読みいただけます。(2-6月連載)

          編集長対談 小嶋が行く! 第3弾:田上善浩氏 【第8回 WING SCHOOLはフラッグシップ】<有料マガジン・メンバー無料>

          自己決定を尊重するから納得して活動する

          生徒に自己決定させることで、こだわりのある子も納得し、主体的に活動へ取り組むことができる。 広島県公立中学校教諭 櫻井満也

          自己決定を尊重するから納得して活動する

          入学前に面談をし、準備を進める

          配慮の必要な子とは、入学前に面談を行うことで、お互いにしっかりと準備をしたうえで入学を迎えることができます。 埼玉県公立中学校教諭 星野優子 中学校への入学前、配慮が必要な生徒に対しては保護者を交えた事前面談を行うようにしています。 小学校との引継ぎの際に、要支援の生徒を確認し、必要に応じて保護者に連絡を取り、春休み中に面談を行っています。 その際に話す内容は大まかにいうと次のとおりです。 ある年度に入学した生徒A男は、集団行動が難しく、小学校時代にはほとんどの時間を図

          入学前に面談をし、準備を進める

          ★新年度特別企画!★ 小嶋悠紀の特別支援教育コンパス第41回 【4月〜5月の発達障害の子供たちをケアする③】

          「ささエる」編集長・小嶋悠紀の連載も1周年を迎えました!  この4月~5月は、新年度特別企画として、「4月〜5月の発達障害の子供たちをケアする」を連載いたします。  この記事をお読みくださっている先生方、ぜひ、新年度の指導にお役立てください。  また、保護者の皆様には、新年度の子供たちの様子について、「ああ、そういうことだったんだ!」という理解を深めていただけることと思います。  毎月第1・3木曜日の更新です。メンバーシップ限定記事ですが、第1木曜日はどなたでもお読みいただ

          ★新年度特別企画!★ 小嶋悠紀の特別支援教育コンパス第41回 【4月〜5月の発達障害の子供たちをケアする③】

          「ビー玉迷路」を自作する

          茨城県公立小学校教諭 後藤 隆一 Q1,どういう工夫をした写真か  目と手の協応を高めたり、注視する力を高めたりするためのトレーニング・キット。  市販のものは高いので、百円均一の店で木材を買い揃えて、自作した(500円程度で完成)。 Q2,どんな効果があったか  雨の日の昼休み等に、学級の子供たちが楽しく取り組んでいる。 © 2024 TOSS,The Institute for Teaching-Skill Sharing #子育て #発達障害 #特別支援