見出し画像

見えるゴールにより、そうじの動きが定まった工夫

静岡県公立小学校教諭 広畑宏樹

Q1,どういう工夫をした写真か

 教室の隅に、ビニールテープを貼って目印を作ることで、ごみをどこに集めればよいかを明確にした。

Q2,どんな効果があったか

 ある年、そうじの仕方を教えたにも関わらず、そうじを始めると、子供たちはばらばらに動き出した。「目につくごみだけをばらばらに掃き集めた」のだ。見えるゴールを設定すると、動きが定まった。

© 2023 TOSS,The Institute for Teaching-Skill Sharing.Printed in Japan

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!