見出し画像

特別支援教育・悩みが消えるQA② 登校意欲が乏しい中学一年生男子に対する方針

(回答者:長谷川博之)

Q 自閉スペクトラム症の中学三年生男子への進路指導は?

 中学校一年生男子。自閉・情緒学級在籍。診断なし、薬の服用もなし。父・母・祖母・姉3人・本人の7人家族です。
 入学式とその翌日、6月の体育祭には登校しましたが、その他は1日も登校できていません。はっきりとした原因はつかめていませんが、登校意欲が乏しく、保護者にも困り感がありません。
 小学校六年生のときも、学期に1〜2日しか登校できなかったようです。学年主任として週1回家庭訪問を行い、陸上・マンガ・アニメなど、興味のある話をしています。休日の友達との関わりはあります。
 私としては家庭訪問を頻繁に行い、登校刺激を与えたいのですが、支援級の方針として、家庭訪問以外は静観することになっています。今後、学年としてどのような方針を立てればよいでしょうか。

A 職員間で議論し方向性を定めます

 課題を整理します。
1  小学校六年生時、学期に1、2日のみ登校
2 中学入学後、3日間のみ登校
3 原因不明
4 登校意欲に乏しい
5  本人が登校しないことに対し、保護者も困っていない
6  在籍する支援学級の方針として、家庭訪問以外は静観の構え
 次に、具体的な対応策を考えます。
一  小学校五年生までの情報を詳細に聞き取り、原因ときっかけを整理する
二  中学に登校したその日に何を得て帰ったのか、職員で明確化するとと
 もに、本人の心情を言語化させる
三 一、二の結果を総合し、仮説を立てる
四  自閉・情緒学級のカリキュラムが当該生徒のニーズに即応しているのか
 否かを分析的に検討する
五 以下の話題について話し合う
 ① 家庭における学力補充策
 ② 手伝い等職業訓練的習慣形成
 ③ 自閉・情緒学級のカリキュラムのカスタマイズ
 ④ 個別の教育計画及び指導計画
 ⑤ とりわけ年間ゴールと短期目標の設定
 ⑥ 卒業後の進路選択
六  以下の項目について職員間で議論し、方向性を定める
 ① 一学年主任、支援学級主任のどちらが主導権を有するのか
 ② 教育計画、指導計画の確認と実施
 ③ 保護者、本人の思いの共有

●長谷川博之プロフィール●
本誌副編集長・中学校教諭
TOSS副代表。NPO法人埼玉教育技術研究所代表理事。日本教育技術学会理事、事務局長。JP郵便教育推進委員。埼玉県公立中学校教諭。
全国各地で開催されるセミナーや学会をはじめ、年間80以上の講演や授業を行っている。主な著書に『生徒に「私はできる!」と思わせる超・積極的
指導法』(学芸みらい社)等がある。

※特別支援教育について詳しく知りたい方は、『TOSS特別支援教育』誌をご購読ください。
<お申込み・お問合せ先>
TOSSオリジナル教材HP https://www.tiotoss.jp/

© 2023 TOSS,The Institute for Teaching-Skill Sharing.Printed in Japan

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!